ドコモから楽天モバイルの格安SIMに乗り換えて1年経った感想。

MOFMAN(@neet.me)です。2016年の1月に10年以上連れ添ったドコモから楽天モバイルにMNPを行い、はや1年と2カ月が経過しました。そこで今回の記事では、1年間楽天モバイルを使用してみての感想を書いていきたいと思います。これから楽天モバイルの格安SIMを検討している方は読んでみてください。楽天モバイルの格安SIMを検討してない方はこのページをプリントアウトして回覧板と一緒に近所に配ってください。

ドコモから楽天モバイルへ

僕の使用している端末はドコモで契約している時に購入したiPhone5sです。分割で支払っていた端末の料金も全て払い終わりしばらくして、2年縛りの違約金を払いドコモから楽天モバイルにmnpしました。理由としては

  • 端末の料金を払い終わっても月々の料金はあまり変わらなかった
  • 電話もメールも対して使わない
  • ドコモで貯まるポイントの使いどころが分からない
  • 解約月分かりにくいしまた2年縛りというのは気が重い
  • 格安SIMを使うことで話のネタにしたかった。

大きく挙げるとこの5つがドコモでの契約をやめた理由です。

僕の端末はドコモのiPhone5sなので、今後も継続して使うにはドコモ回線を使用している格安SIMの会社を選ばなければなりませんでした。

料金の安さ、回線のスピードなどといった基本的なこと以外はこだわりはなかったので、普段から利用している楽天カードと合わせてポイントも貯まる楽天モバイルを選ぶことにしました。

楽天モバイルを1年使用した感想

料金面で言うとドコモ時代は月9000円程支払っていた料金も今では2600円前後に収まっており、ドコモ時代に比べるとかなり安くなっています。

利用料金

プラン 通話SIM料金
ベーシックプラン 1250円
3.1GB 1600円
5GB 2150円
10GB 2960円
20GB 4750円
30GB 6150円

リンク:料金ページ

僕が加入しているのは3.1GBプラン。毎月の利用料金は1600円です。加入当時は5GBのプランを使用していましたが、そこまで使わなくなったので3.1GBのプランに変更しました

プランの変更は楽天モバイルの会員ページからすぐに出来るので、わざわざ実店舗を探して足を運ぶ…なんてアナログな事はしなくて大丈夫です。デジタルな生き方をしてる俺…カッケェ…!という気分も味わえるので一石二鳥ですね。

ネットをあまり使わなければ余った通信料は翌月に繰り越しで使うことができますし、逆に使いすぎてプランの通信量を越したとしても、その月の速度制限が最大200kbpsに落ちるだけです。

また、テザリング機能を使ってパソコンやタブレット端末にもネット共有をしたいという方や、YOUTUBE大好きな人も20GBプランや30GBプランの設定が新たに登場したのでそちらを利用されると良いでしょう。30GBのプランでも料金は6150円と破格です。

この記事を書いている今もiPhoneとPCをテザリングで使用していますが何不自由無く書けているあたりネット環境は楽天モバイルだけでいいんじゃねぇかなぁ…!どうなんだろぉなぁ…!!と葛藤しています。果たして僕はどうすれば良いんでしょうか。だれか教えて下さい。

料金の差は圧倒的に安くなってた

2016/1月:¥3242
2016/2月:¥3536
2016/3月:¥2351
2016/4月:¥2049
2016/5月:¥2085
2016/6月:¥2502
2016/7月:¥2194
2016/8月:¥2039
2016/9月:¥2290
2016/10月:¥3095
2016/11月:¥2940
2016/12月:¥2642

1年間の合計:30965円

楽天カードで料金を支払っているのでこの際にと楽天カードアプリで確認してみました。この料金は楽天でんわを使わずに通話した金額も含まれています。

通信エリア

ドコモのLTE回線を使用しているだけあって、電波の届く範囲はかなり広いです。山の方に出掛けても普通に使えます。山奥にツチノコを探しに行っても見つけたらすぐにSNSに上げれます。そのくらい広い範囲をカバーできていると思います。

ドライブが趣味なので山の方にも行ったりしますが、特に問題なく使えているので通信エリアは満足しています。

リンク:楽天モバイルはドコモネットワークだから高品質

通信速度

地域によってばらつきがあると思いますが僕の住んでいる地域ではドコモ時代に比べると通信速度は劣りました。下手したらYOUTUBEもまともに見れない時間帯すらありました。

というのは以前の話しで、今では特に不自由なく見ることが出来ており、1年前に比べるとだいぶ改善されました。今年の1月にどれだけの数値が出ているのかiCheckerという通信速度測定アプリで調べてみましたが、混雑していると思われる土曜日の21時でこの数値でした。

『普通』かよ。

もっと頑張ってくれよと思いましたが、一分一秒を争う企業戦士じゃない限りは安定して使えるのではないでしょうか。むしろそんなに速度を気にして慌ててしまう人はアロマを用意してリラックスすることが必要だと思います。格安SIMは後回しにしてアロマディフューザーを購入しましょう。

最大通信速度は以下の引用文をご参照ください。

SIM種別にかかわらず最大通信速度はLTEエリアで受信最大262.5Mbps/送信最大50Mbps、FOMAハイスピードエリアでは最大14Mbps、その他のエリアでは最大384kbpsとなります。

最大通信速度(262.5Mbps)は一部のエリア(関東・東海・関西)および一部の端末が対象となり、その他のエリアおよび端末での速度は変わります。

引用:http://mobile.rakuten.co.jp/attention/

半年前は通信速度にもっさり感があるときが多かったので不満もありました。ですが今では通信速度も改善されていますし、繋がらない事の方が少なくなったので満足とはいかないまでも普通に使えるし全然許容範囲ですね。

過去3日間の通信量が規定値を超えると低速モードになる通信速度の制限がかかるのがネックでしたが、2017年3月1日からはそれも撤廃されてもっと快適になりました。

サービス

楽天モバイルに関するサービスについての感想を書いていきたいと思います。

楽天でんわ

通話SIMの電話は通常料金が30秒20円となっています。

この楽天でんわというのはios、アンドロイドどちらでも使える楽天がリリースしている電話アプリです。楽天でんわアプリを経由して電話をかけるか、相手の番号の前に「003768」を入力して電話をかけることで通常の半額「30秒10円」で通話をすることができます。

と言っても今はLINEが主流なので、ほとんどの場合電話番号で友人と電話をすることは少なくなりましたが、お店への連絡や会社の人との連絡などで楽天でんわは重宝します。30分通話したら100円お得になりますからね。しかも通話で楽天ポイントもちょっとずつ貯まりますし、けっこう満足してます。

あらやだお得なこのサービス。実はちょっとした穴があることに最近気づきました。

その穴というのは、相手を呼び出し中でも秒数にカウントされます。たとえ嫌いなアイツに嫌がらせでワン切りをしたとしても10円かかってしまうという事ですね。嫌いなアイツにワン切りする時は普通に電話してワン切りしましょう。ってかワン切りなんかすんな。

楽天でんわサービス利用規約を読んでみると、接続先との通信を当社が識別した 時刻から起算してとの記載があるので間違いではないと思います。

というか頻繁に電話する人は月850円で楽天でんわ5分かけ放題オプションがあるのでそれに入れば問題ないです。ぬかりねぇな楽天。

楽天ポイント

楽天ユーザーとして欠かせないのは何と言っても楽天ポイントですよね。楽天モバイルユーザーは楽天のスーパーポイントアッププログラムでベースポイントが1倍付与されます。

通常ポイント 1倍(100円1ポイント)
楽天カードを利用 3倍
楽天市場アプリで月1回以上購入 1倍
楽天プレミアム/ゴールドカード利用 1倍
楽天モバイル利用 1倍

プレミアムカード以外の条件はクリアしているため、僕のベースポイントは楽天モバイルを含めて6倍です。さらにショップのイベントや楽天のイベントでポイント5倍とか10倍とかあればその倍率のポイントが上乗せされるので結構な勢いでポイント貯まります。

この点は本当に大満足。もうちょっと物欲沸いたらプレミアムカード検討しますんでその際は楽天さん。僕を2代目楽天カードマンにしてください。

総合的な感想

1年縛りの期間も終えたことだし他社に移ってもいいかな。なんて考えたりもしましたが、現状は楽天モバイルに対して特に不満はないし、3日間の通信制限も撤廃されたし、楽天ポイントもコツコツ溜まってるし。なんだかんだ満足してるんだなということがこの記事を書いている最中に気づいてしまったので当分このまま使い続けることにします。

関連記事楽天モバイルに乗り換えを検討してる人に読んでほしい。通話SIMを半年使った感想と愚痴。

関連記事送料無料だと…?楽天ブックスを初めて利用したのでレビュー!