夏のお洒落はエリキャから。エリソンキャトルのTシャツを買いました。

mofman(@neet_me)です。アパレル業界から身を引いてからはや4年が経ちました。そんな僕に再び「着る喜び」「選ぶ楽しさ」という感覚を教えてくれたのがこれからレビューする『エリソンキャトル』なわけです。

お洒落なショップでどの服にしようか悩む人たちには耳元でそっと「エリキャ」と囁き、オフィシャルサイトのURLが書いた紙をそっと握らせたい衝動に駆られてしまう程に今ではエリキャの虜となってしまいました。

アパレルショップを辞めてからというものすっかりファッションにも興味がなくなり、持っていた服はほとんどリサイクルショップへ売りに出しました。ミニマリストとまでは行かないものの、学校の制服のように、ある程度着る服をパターン化させて多くの服を持たないようにしようと思ってのことでした。

男は黙って白シャツ。ひとまず無印良品の長袖白シャツが個人的にナンバーワンでオンリーワンな素晴らしい着心地とサイズ感だったので夏以外の季節は白シャツ+羽織物。そして夏はサラッとTシャツ1枚で過ごしたいのでエリキャのTシャツ。これが今の僕のスタイルです。

今回買ったのは2枚のTシャツとトートバッグ

はい、という訳で今年も買いましたよエリキャ。もちろん来年も再来年も買うつもりっす。そして5年後、夫婦でエリキャをお揃いで着ることが夢です結婚してぇ。

エリキャを作ってるokutaniさまーとはブログを通じて知り合えたのですが、友達だからとかそういう贔屓目なしにエリキャは人についつい勧めたくなる素敵なデザインなんですよね。このメッセージを貰った時は橋本環奈ちゃんと握手したときくらい嬉しかったです。橋本環奈ちゃんと会ったことも同じ空気を吸ったことも無いんですけどそのくらい嬉しかったです。

エリキャを着て橋本環奈ちゃんに会えたら「幸せ」+「幸せ」の相乗効果で「MAX幸せ」な気分になってしまいその場で成仏してしまうかもしれません。

今回僕が購入したTシャツはハリネズミの『あずきちゃん』と『レンコン』がお洒落のハーモニーを奏でる『lotus root&hedgehog』

日本特有の文化を切り取りコラージュした『nippon』というTシャツです。

タグにもハリネズミがいてかわいい。めちゃんこキュート。みんなハリネズミをもっと愛すべき。

前回購入した時はSサイズでちょうどピッタリでしたが、時が経つというのは残酷で年齢の上昇と比例して体も徐々に大きくなっているんですよね。(主にお腹周り)

「入らなかったら痩せればいいじゃない」という信念のもとに勇気を出してSサイズを購入しました。果たして僕のお腹はSサイズを受け入れることができるのかっ…!?

そしてずっと欲しかった『balloon island』のトートバッグ。写真はたたんだ状態で撮影していますが、広げるとこれより大きめです。生地も厚めでしっかりしているので買い物にも参考書とか入れるのにもちょうど良さげ。

新作:Nippon

なんとポストカードまでついているやさしさ。おにぎりとかお団子とか載ってるので、あんまり見過ぎるとお腹減ってきます。エビフライたべたい。

 

たくさんの日本文化が散りばめられ『日本』という文字をかたち作っています。ひょっとこがこんなに可愛く感じる日がくるなんて思わなかったです。まさに日本の美学

こちらが全体像。一見派手なイメージですが、着るとこんな感じになります。

はい来たイケメン。これまた着てみると平置きで見るのと違って全然ちがう印象になる。思ったより派手さはなくて自然と馴染んじゃうんですわ。他の商品とは一線を画す斬新なデザインなんですけど、エリキャらしい雰囲気をまとっています。さすがokutaniさまー。ポテンシャルが大気圏突き破ってやがる。

lotus root&hedgehog

続きましてはレンコンTでおなじみの『lotus root&hedgehog』

あずきちゃんとれんこんさんが仲良くツーショットでプリントされたかわいらしさ無限大なスペクタクルTシャツです。これほどまでにレンコンをお洒落に表現したのはエリキャが世界初ではなかろうか。そうに違いない。

レンコンに圧倒されつつも主役は自分だとばかりにつぶらな瞳でアピールするハリネズミのあずきちゃん。どうよ?このつぶらな瞳。かわいすぎない?

このとおりポストカードでも仲良くツーショット。このポストカードを手にしたことで僕はベルタースオリジナルのおじいさん以上に特別な存在だと再認識しました。

着てみてもあずきちゃんとれんこんさんの可愛さは健在。ちょっと一安心でございます。

トートバッグ

言うまでもなく最高。

balloon island

こちらは以前、okutaniさまーとお会いした時に直接頂いていた『balloon island』

完全に紹介するタイミングを逃していましたがこれを機に紹介しちゃいます。アイロンかけたのにシワが入ってるのは僕がアイロンがけに向いてないんだと思います。アイロンがけの専門学校とかないんすかね。

実は、すべてのアイテムは素の写真から「PhotoShop」というツールを使って切り出しています。

それらを貼り合わせ、位置を何度もなんども調整し、色合いに統一感を持たせるため、質感の違うフィルターを何層も上からかけています。

真ん中にうっすらそびえ立つビルは、僕が大学3年生のときに訪れたカナダの街並み。Canonのカメラで撮りました。

引用https://herisson-quatre.com/about

実際に自分で撮影したものを自分の手で加工、そしてひとつの作品として再び作り上げる。エリソンキャトルの看板とも思える『balloon island』は、作者のokutaniさまーの世界観が詰め込まれています。

風船を持つ女の子のよこにもあずきちゃんがいます。かわいいは世界を救う。

すでに着慣れた『balloon island』ですが新たに手に入れたトートバッグと合わせてみました。

やたらと楽しそうな写真も撮れてたので載せときます。大人になるにつれ笑顔を失ってしまった僕も笑顔を取り戻すことが出来たので全国の疲れ切った人たちはエリキャを着ればいいと思うんだ。

エリキャを着て友達と撮影してきました

せっかくエリキャが届いたことだし、ということでアパレル時代に出会った友人と、大分県日田市の街中をカメラを片手に散策してきました。

タイトル:『祭りになると性格が豹変する男』

非常にめずらしくハイテンションでの撮影。実際のお祭りでは人の多さでぐったりしてるのでこんなハイテンションな姿が見れるのは非常に稀です。

なんかインスタ映えする橋があったので撮影。

友人には『balloon island』を着てもらいました。やたらと似合うなおい。

一番気に入ってる1枚。アラサーの2人できゃっきゃはしゃぎながら撮影しました。

橋の真ん中でパシャっと。彼とは長い付き合いになるんですけど今までで1番かっこよく感じました。

合計100枚近い写真を撮ったんですけど、さすがに全部は載せれないので選りすぐった写真を掲載してみました。自分が着てもエリキャいいわー。ってなるんですけど、誰かが着てるエリキャを見るともっと良いですね。

夏はやっぱりエリソンキャトル。

というわけで僕のお気に入りのTシャツ屋さん。エリソンキャトルのレビューでした。

サラッと着れる、お洒落なTシャツをお探しの方はぜひ手に取ってみてください。エリキャと過ごすと夏のこの暑さが楽しみに変わるかもしれませんね。

ジャケットとか羽織ものと組み合わせて着れる秋が待ち遠しいです。それでは素敵なエリキャライフを!

エリソンキャトルのHPhttps://herisson-quatre.com/

商品の価格とサイズ

エリソンキャトルのTシャツは全て税込2400円で販売。トートバッグは税込1800円です。

SIZE(cm) SS S M L
着丈 61 65 68 71
身幅 43 47 50 53
袖丈 16 19 20 21

SSサイズーLサイズまでの展開がされています。(情報は2017年7月時点)

参考リンクエリソンキャトル商品一覧

着用モデルの情報

着用サイズ 全てSサイズ
身長 170cm
体重 56kg

どちらかといえば瘦せ型の体型です。一緒に撮影した友人も僕とそんなに体型は変わらないのでSサイズを着用しています。

他の方の紹介記事

今年の夏も買いました!思い出いっぱいのエリソンキャトルのTシャツ!!

-『ピスログ』を運営されているシゲさまーのエリキャ紹介記事。SEO1位は俺がもらったぁ!!!

ステマではなく、HERISSON QUATRE(エリソンキャトル)のTシャツを全力で紹介してみる

-『たもトピ』を運営されているたもつさまーの記事。もはやたもつさんの登場はモフログでは定番となりつつある。

2015年夏。最もおすすめするTシャツがHERISSON QUATREから届いた!画像大量徹底レビュー!!

-『コトバコ』を運営されているしむさまーの記事。奥様の写真も掲載されているので女性の方は参考になるよ!

普段着はユニクロ、髪型も千円カットの私がオシャレに大変身!その方法とは

-『IO LABO』を運営されているせいやさまーの記事。いろいろとぶっ飛んでる。

まだダサいTシャツで消耗してるの?今年の夏はエリキャで決まりでしょ!

-『サンドアートライフ』を運営されている森さまーの記事。さりげない薬指の指輪が眩しい。

HÉRISSON QUATRE(エリソンキャトル)のTシャツでつながりませんか? by いそ

-『病と戦うふたりの自由帳』を運営されているいそさんの記事。女性らしい視点で書かれてあります。

参考リンクエリソンキャトル-掲載メディア一覧