「フランク三浦」を買ってみたのでレビュー。一流になりたい貴方へ贈る天才時計師の最高傑作。

高級機械式時計ブランド「フランクミュラー」をご存知でしょうか?男なら誰しもが一度は自身の腕に嵌めてみたいとうっとり憧れるスイスの高級時計ブランドですが、とても一般庶民には気軽に買えるお値段ではありません。しかしそんな高級時計に憧れてしかたない貴方にとっておきの時計が実は販売されています。

フランクミュラー…フランクミュラ…フランクミゥラ…フランクミウラ。その名も「フランク三浦」です。え?なにこいつギャグかましてくれちゃってんの?処すよ?おぬし処すよ?断頭台に登らせちゃうよ?などと思われた江戸っ子気質の方もいらっしゃるかと思われますが、そんな方は百姓一揆に跳ねられスイスまで飛んで時計技師になる事をオススメします。

そんなギャグ要素100%のフランク三浦はただのパチモン時計ではありません。「フランク三浦」の商標登録を取り消すよう申し出た本家のフランクミュラーとの裁判で勝訴を勝ち取ったというエピソードもある、いわば公式のパチモンなのです。なんでも4000円の時計と100万を超える高級時計が類似品として見られない的な判決だったはず。うん。ごもっともな判決で誰しもがうなずいたことでしょう。

思えば中学時代の修学旅行では「adidas(アディダス)」のパチモン「kazides(カジデス)」を見かけ、ついつい購入してしまった時から僕のパチモン好きは始まっていたのかもしれません。

開封レビュー

frank (1)

という訳で早速買いました。購入店舗は楽天市場の「わっしょい村」です。

ふざけた名前もアルファベットで書くとたまらなくお洒落になるんですね。わっしょい!わっしょい!!

 

frank (2)

そんなお祭り野郎のわっしょい村さんですが、お客さんへの気配りも忘れません。こんな風に気を使われるとなんだか嬉しくなっちゃいますね。買ってるのは高級時計のパチモンなんですけど。

サプライズ

frank (3)

さっそく開封!!きたきたぁー!!!心の準備する間もなく本命のフランク三浦とご対面!!!…サランラップでぐるぐる巻きにしてあるように見えるのは気のせいなのだろうか。

それより、なんか上に変なの乗ってる。クッピーラムネ…?

 

frank (4)

うわぁぁぁあああ!!!今年で創業97年目の老舗カクダイ製菓株式会社から1963年に誕生したほのかな甘みが懐かしい「クッピーラムネ」だぁああ!!!見たことありそうで見たことないお菓子だけど意外過ぎるサプライズをありがとうわっしょい村!!!

 

frank (5)

裏にメッセージカードまで…!うんうん!もう時計とかどうでもいいよ!その心配りとクッピーラムネだけで十分お金払った価値あるよ!!幸せだなぁ!ぼかぁ幸せだなぁ!!!アスファルトに咲く花はなんであんなに綺麗なんだろなぁ!!!

と、昨年恋人にフラれて以来サプライズというサプライズを受けていないので少々気が動転してしまいましたが、フランク三浦の開封レビューを続行します。サプライズって照れくさくて苦手な方なんですけどね、やっぱり嬉しいっすね。ちょっとだれかハンカチ持ってきて。

フランク三浦をレビュー

frank (6)

さて、今回僕が購入したのは「大型初号機(改)一流モデル」です。誰がどう見ても分かる「一流の時計」です。ちなみに僕の統計では自分で自分の事を一流だというやつにろくな男はいません。世の女性諸君はそんなダメンズ野郎に引っかからないでいてくれる事を切に願います。

それより思った以上にカッコ良くてコメントしずらいです。

保障内容について

frank (7) frank (8)

外装について
全て手作りで作っている為ため外装に多少の傷、文字盤に埃、異物、指紋まれにちぢれ毛などが混入しておりますがこれらは全て許容範囲内とお考えください。
防水について
三浦一族は基本的に全て完璧な非防水です。ダイビングや水泳に使用されるのは勝手ですが確実に水分が混入して時計が破壊されます

ウレタンベルトに調整用の穴が開いていない
ご自分で開けて下さい。

※フランク三浦保証書より一部引用。

外装については、まれにちぢれ毛が入ってたりするらしいです。開けてビックリ玉手箱間隔を味わいたい人にもオススメできますね。保証書が自虐的過ぎて一体なにを保証してくれるのか分かりませんが、とりあえずちぢれ毛が入ってたら捨てましょう。

本体はいかほど

frank (9)

文字盤に記載されている「フランク三浦」のフォントが何ともゆるい感じで良い味出してます。写真じゃ分かりにくいんですけど、撮影に苦労したほどキラキラしててパッと見は高級感あるんですよ。パッと見はね。

 

frank (10)

艶消しのボディがより文字盤の輝きを強調させ、高級感を醸し出していますがパチモンです。一流の文字が悔しい程にカッコイイ!!

 

frank (14)

一流店限定で販売されているそうです。もはや一流の定義があやふやになっていますが、そんな事きにする小さな人間になってはいけないよというメッセージ性があるのかもしれません。信じるか信じないかはあなた次第です。僕は断固として信じません。

付けてみる

frank (12)

大型初号機(改)ということでサイズ感が非常に心配だったのですが、腕回り15cmの僕でもちょうどいい大きさですね。ほんと悔しいけどカッコいいです。

 

frank (11)

この時計を付けている間はどんなことでも出来そうだと思えるくらいアドレナリンが分泌されます。今日中に5億稼いで来いと言われアマゾンに飛ばされても稼げそうな気さえします。そのかわり言ったやつは血祭りわっしょいの刑です。

 

frank (13)

ベルトは合皮。フェイクレザーですね、割と柔らかいし普通に回しやすいです。この価格帯でモノホンの革だったらそれもそれで焦りますが。先程も記載した通り、男にしては細めの腕でもまだベルトの調整穴には余裕ありますし、女性がつけてもゆるゆるになる事はあまりないと思います。

最後に

frank (15)

以上、思った以上にクオリティの高いフランク三浦のレビューでした。パロディ好きの方は一度チェックされてみてはいかがでしょう。一緒に購入した人によると、フランク三浦を付けて中洲に飲みに行ったら飲み屋のチャンネーにバカウケしたそうですよ。でも酔った勢いで地面に落としてしまいガラスが割れてすごく悲しんでいたので、取り扱いに注意ですね。お酒はほどほどに。

 

スポンサーリンク