一眼レフ初心者の心得「気構えずにガンガン撮るべし」

mofman(@neet_me)です。最近、部屋のすみでラピュタの巨人兵みたいにホコリかぶってる一眼レフを手に取るようになりました。

元々、僕が一眼レフを購入した理由も『一眼レフ構えてる俺って…カッコイイ』という気分を味わいたかっただけなので、そこまでカメラ自体に興味は沸かなかったんですよね。ちなみにカメラを構えてる僕はやっぱりカッコよかったです。

本来の役割を忘れ、重量級アクセサリーとなっていたカメラに対する興味が出始めたのはここ数カ月のことで。平素よりお世話になっているブロガーの方々の影響によるものでした。

撮り手によって全く異なる世界観が写される

沢山の写真ブログを拝見するうちに、カメラって撮影する人によって撮るものや撮り方や雰囲気がぜんっぜん違ってくるんだなーと、みなさんが撮ってる写真をみるとその人の内面…というか世界観みたいなのを知ることができるようで面白いなって感じたわけです。

じゃあ僕にはどんな写真が撮れるのだろう?自分のことって案外自分じゃわからないですよね。だったら実際に写真を撮ってみて、自分の世界観を写してみようと、些細な興味から写真を撮りに行ってみました。

なんだよコレ。

心の闇を具現化したような1枚が撮れました。見てると不安になる1枚が撮れました。

普段から持ち歩く癖をつけると撮りたいものが分かってくる

せっかくカメラに興味が出てきたのに、また部屋の隅でホコリをかぶらせるのはもったいないわけで。気になったものをすぐに撮影できるように普段から持ち歩くようにし始めました。

僕の主な移動手段は車なので、ふらっと立ち寄った場所で面白いものがあれば撮影することにしています。その甲斐あってか、ゆっくりですが写真を撮ることに慣れてきて、次はこんなモノを撮影してみようかな。といろんな場所へ足を運ぶようになりました。ただ残念でならないのは、ガソリン代が今までの倍になったということです。人力車で僕を運んでくれる素敵な方のご連絡おまちしています。

撮れば撮るほど分かってきた感がでて楽しい!

一眼レフといっても自分でシャッタースピードを変えたり、ピントを合わせたりなんかしなくて良いように、カメラ側で自動で調整してくれる機能があるので、僕のような知識ゼロの初心者でも簡単にそれっぽい写真を撮影することができます。

デジカメみたいに夜景モードとか風景モードとかあるし、一眼レフって難しそう…という最初のお堅い印象はなくなりましたね。

あいかわらずISOとか、絞り値とかシャッタースピードだとか画角だとかはそういった専門用語はほとんど理解できてないんですけど、慣れ始めてからは分からないなりに自分で調整もしたりして撮影するようになりました。

自分で変更した設定で気にいる写真が撮れた時はやっぱり嬉しいもので、みんながカメラにハマっていく理由がなんとなく分かったような気がします。

写真の構図は作例サイトを参考に!

なんとなく一眼レフに慣れてきた頃には構図も意識するようになりました。まじなんなのカメラ、撮れば撮るほど奥が深いわ。

未だにどの角度がいいとか、どの範囲を移せばカッコよく撮れるとかは分からないし、これからもさっぱり分かる気がしないんですよね。経験とセンスがないとダメだわ。

基本的に僕はゲームでも攻略本を頼りに先へ進んでいくタイプなので、他の人が撮影した写真が掲載されてある写真の作例サイトを参考に撮り始めることにしました。どのレンズを使って撮影しているとか、どんな設定で撮影したとか掲載されていて、無料で閲覧も投稿も出来るのでとても助かっています。

参考http://photohito.com/

どの写真もレベル高すぎてちょっと真似出来るどころじゃないんですけど、こんな構図だったら綺麗に撮れるのかな?と意識しつつ撮影しています。

初心者の心得「気構えずにガンガン撮るべし」

カメラ購入から4年、ようやく初心者のステージに上がることができて思ったことは、一眼レフって難しいという先入観を捨ててとりあえず下手でもバンバン撮影すればなんとなく慣れるし作例サイトも参考にすればそれなりに良い写真は撮れる。ということです。

そりゃ上手い人から見ればまだまだなんでしょうけど、別に褒められたくて撮ってるわけじゃないし、自分の好きなように撮っていいんじゃないかな。…でもインスタとかでイイねは欲しいというパラドックス。

最初の方はブレッブレで白飛びしまくるか真っ暗な写真しか撮れなくてちきしょおおおおおこのカメラ高山質屋に並べてやろうかぁああ!!と思っていたこともありますが、楽しさを知った今ではむしろ高山質屋に並べられてるレンズが欲しい限りですおしごとがんばります。

デジタル一眼レフだったらフィルムがなくなる心配もないし、上手く撮れてない写真は削除すれば何枚でも撮ることが出来るから気構えずに自分の好きなモノをパシャパシャと撮って楽しみましょう!カメラは友達!怖くないよ!!

関連記事やりたいことが見つからないから諦めるのは勿体無い。なんでもいいからやってみるべし

スポンサーリンク